« AutoCADのFixedProfile.aws について | トップページ | 二ノ森登山 »

2013年5月 1日 (水)

NASの電源修復

先日、事務所に設定しているNASの電源が突然入らなくなりました。型番はIOデーター製の【HDL-GX320R】です。まったく起動し無くなりました。早速ばらして中を見てみましたが、どうもスイッチ電源がやられている様です。

↓ 今回故障したものです

1

↓ この電源ユニットの故障か?ヒューズは大丈夫そうです・・・

2

何とか普及できないものかと思い、内臓ハードディスクをUSB接続するツールの電源が使えないかと調べてみました。

↓ このパーツが使えそうです。

4


↓ 故障した電源ユニットを取り外し、電源ケーブルを接続してみました。

3

今回使用した、電源の仕様は、赤色が5V、黄色が12Vです。なので下記のように接続すれば、大丈夫でした。

・NAS側の赤と電源側の赤を接続(5V)

・NAS側のオレンジと電源側の黄色を接続(12V)

・NAS側、電源側とも残りの黒同士をそれぞれ接続(アース2本)

電源を投入すると、無事電源が入りました。配線が間違っていると、HDが壊れてしまうリスク等があるので、まずは、不要なHDでテストしてから、実際のHDを接続することをお勧めします。

↓ カバーを閉めて、復旧した様子です。

6

LANケーブルを接続して、クライアントマシンから無事接続できることを確認しました。

« AutoCADのFixedProfile.aws について | トップページ | 二ノ森登山 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事のおかげで助かりました。
Good Job!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASの電源修復:

« AutoCADのFixedProfile.aws について | トップページ | 二ノ森登山 »